Jeashm

魔镜啊魔镜

百鬼夜行
米津玄师
作词:米津玄师
作曲:米津玄师
翻译:kmnLyra


ちゃんちゃらおかしな出で立ちで
穿着滑稽之极的装束
また酒呑み呷れど日は暮れず
一再大口喝酒天也不会黑
つまらん颜して街を行く
一副无趣的表情在街上游荡
ほらあれこれ言うては酔い散らす
醉醺醺说着这样那样的胡话
いや どだいもどだいに面倒で
不 本来就是很无聊的
おかしな饮ん兵卫だ
奇怪的酒鬼啊

オンボロ锦の更纱模様
破破烂烂锦缎的印花花纹
その洒落たお颜には金鱼の絵
那潇洒的脸上是金鱼图画
腰やら股やら働かせ
让腰肢大腿都动起来吧
またお手軽欲望贪れば
又是贪图简单的欲望
今どこへも闻こえる声出した
现在发出哪里都能听见的声音
「私さみしいの」
“我好寂寞啊”

呼ばれて飞び出てこの世に参上
被叫到就会突然出现来拜访这个世界
皆様よろしくどうぞ
各位请多多指教
楽しくなったり哀しくなったり
有时快乐有时哀伤
忙しのない日ばかりだ
过的是不紧不慢的生活
帐を上げろや昼行灯ほら
拉开帷幕 白日点灯
ここらでおひとつどうだ
就在这里来一发怎么样啊
我らは现代の妖怪だ!
我们可是现代的妖怪啊!

顿珍汉なことばかり
仍旧只相信些
まだ信じている
不着边际的事情
狸の背中に火を灯せば ほう
点亮貉背上的火 嗬
あんあん ぱっぱらぱの行进
黑暗中 啪啪啦啪的行进
やってやれほら
随心所欲吧
バケツ叩いては声上げろや ほう
敲击着木桶拔高音调 嗬
明るい夜の到来だ ようそろ
明亮的夜晚降临 继续前进


みなみな欲望诘め込んだ
塞满所有的欲望
そのペラペラ少女とニヤケ猿
涛涛不绝的少女和文弱的猿猴
お愿い全てを投げ付けて
拜托了全都粗暴地扔掉吧
また一人で快楽部屋の隅
一个人在快乐的房间的一角
ほら头と目ばっか肥えて行き
看哪只有脑力和眼力厉害的旅行
青白い颜
苍白的脸

雨降る夜には伞になり
在下雨的夜里变作一把伞
その体で谁かと雨宿り
用这身体与何人一同避雨
お歌を歌えば人を骗し
唱着歌谣欺骗着世人
また谁彼构わず慰める
无所谓是谁来给予安慰
ほら盲信者増やして伞下に置いて
看哪 盲信之人越来愈多地被丢在伞下
孤独で游说を
孤独地游说着

生まれて初めてこの世に登场
自打出生第一次出现在这世上
続きは表でどうぞ
接下来就要正式公开
嬉しくなったり怒り狂ったり
有时开心有时狂怒
忙しのない日ばかりだ
过的是不紧不慢的生活
その手を下ろせや用心棒ほら
警卫啊放下手吧
ここらでおひとつどうだ
就在这里来一发怎么样啊
我らは现代の妖怪だ!
我们可是现代的妖怪啊!

どんでんひっくり返し行こうや
黑白颠倒地前行吧
スチャラカほいさ
无忧无虑 嘿呀
狐の头に水被せば ほう
往狐狸的头上浇水的话 嗬
あんあん ぱっぱらぱの行进
黑暗中 啪啪啦啪的行进
やってやれほら
随心所欲吧
薬缶鸣らしては声合わせや ほう
敲击着水壶当做和声吧 嗬
明るい夜の到来だ ようそろ
明亮的夜晚降临 继续前进


こんな具合になったのは
会变成这样
谁のお阴だろうか
都是拜谁所赐啊
こんな具合になったのは
会变成这样
ああいまさらどうでもええわ
啊啊 事到如今怎样都无所谓了
こんな具合になったのは
会变成这样
谁のお阴だろうか
都是拜谁所赐啊
こんな具合になったのは
会变成这样
ああいまさらどうでもええわ
啊啊 事到如今怎样都无所谓了

顿珍汉なことばかり
仍旧只相信些
まだ信じている
不着边际的事情
狸の背中に火を灯せば ほう
点亮貉背上的火 嗬
あんあん ぱっぱらぱの行进
黑暗中 啪啪啦啪的行进
やってやれほら
随心所欲吧
バケツ叩いては声上げろや ほう
敲击着木桶拔高音调 嗬
明るい夜の到来だ ようそろ
明亮的夜晚降临 继续前进


ちゃんちゃらおかしな世の中だ
在这滑稽之极的世上
その平和と爱とをうたえども
即使是唱着和平和爱之类的事
心にあるのはそれではない
心里也是没有这样的东西的
また仆らに自由はそれほどない
对我们来说也并没有什么自由
ほら 得意の炎で焼いてくれ
呐 燃烧起拿手的火焰吧
あなたの言う爱で
用你所说的爱

评论
热度 ( 12 )
  1. 柳棺Jeashm 转载了此音乐

© Jeashm | Powered by LOFTER